アートイベント出展者のご紹介

kakutani seiichi

角谷 征一(かくたに せいいち)

1958年 大阪市立工芸高等学校 金属科卒
東京お茶の水美術学園にてデザインを学ぶ
1960年 父、一圭に師事
1965年 第12回日本伝統工芸展初出品入選
1991年 第38回日本伝統工芸展 朝日新聞社賞
1995年 英国ビクトリア&アルバート美術館所蔵
所属 日本工芸会 正会員 大阪工芸協会 会長
東大阪工芸協会 会長 鋳金家協会 会員

伝統工芸 茶の湯釜

茶釜の見所は全体の形、鐶付、文様、雅趣のある膚、さらに蓋との調和など色々あります。シンプルな線に着目しシャープで現代的な作風を研究しています。

kakutani  keijiro

角谷 圭二郎(かくたに けいじろう)

1999年 近畿大学商経学部卒業
2006年 釜師 父征一に師事
2012年 日本伝統工芸近畿展 松下幸之助記念賞
2014年 大阪工芸展 大阪府知事賞
伝統工芸日本金工展 日本工芸会賞
2015年 大阪工芸展 NHK大阪放送局長賞
日本伝統工芸近畿展 大阪府教育委員会賞
2016年 伝統工芸日本金工展 日本工芸会賞

伝統工芸 茶の湯釜

父とは違う作風を意識しておりますが、先ず第一に茶道具としての用と美、
そして品を備えられるよう、日々精進して参ります。
どうぞご高覧くださいませ。

yamaji

山路 幸子(やまじ さちこ)

1987年 始めて菅にふれ、菅細工を始める
1990年 平成大嘗祭御菅蓋奉製に従事
1993年 第61回伊勢神宮式年遷宮御料菅御笠
・御翳奉製に従事
1999年 大阪市指定無形文化財第一号の認定を受ける 2011年 POLA賞 地域賞受賞
2013年 第62回伊勢神宮式年遷宮御料菅御笠
・御翳奉製に従事

伝統工芸 菅細工

約2000年前から伝わる菅細工の技術を
伝えていきたいと思います。
菅笠・菅細工の技術を後世に残す為、
定期的に菅細工教室を開き継承する活動をしています。

takeda soue

武田 智江 茶名 宗江 (たげだ ともえ)

華道未生御流 茶道表千家
茶、花共に18歳より稽古を始め、今日に至る

華 道

自然木に季節の草木をあしらい、
盆(盤)景は四季の姿を表現しました。

seto hakuho

瀬戸 白鳳(せと はくほう)

大阪府出身 
昭和31年松永暘石、昭和35年小坂奇石先生に師事
昭和37年自宅にて開塾、現在に至る 
昭和46年 第3回日展に初入選 
昭和58年 第37回日本書芸院大賞 
昭和61年 読売書法会評議員
平成 3年 読売新聞大阪本社賞・全関西美術展招待
平成10年 読売書法展新聞大賞 日展会友・読売書法展理事日本書芸院参事 鳳翔会主宰

書 道

「書」は他の芸術に比べて、その時の心の動きがよく出ます。同じ字を書いても人それぞれに異なった感性の書作品ができます。だから大変面白く興味深い芸術なのです。

saito seifu

斎藤 青楓(さいとう せいふう)

斎藤青楓書道教室主宰
1988年 日本書芸院二科会員推薦賞
1989年 日本書芸院一科会員推薦賞
2011年 毎日書道展、創玄展初出品、初入選
2015年 創玄展現代書展入選
2016年 創玄展秀逸賞
2017年 創玄展秀逸賞
  以降連続入選  創玄展二科賞秀逸賞
現在 石飛博光に師事 博光会評議員

書 道

受け継がれてきた日本の心、白と黒のコントラストが生み出す独特の美、
「書」の魅力を多くの方にお届けてしていきたいです。

nakanishi

中西 郁 (なかにし かおる)

1955年 若柳流西家元若柳𠮷世師より
若柳世賀の名を許される
2000年 全日本和装コンサルタント協会会員
自宅にて着付け教室を開く
(大阪市生涯学習インストラクター)

着 物

着物は長い歴史の中で受け継がれ育まれてきた世界に誇れる日本の伝統文化です。四季折々に姿を変える豊かな自然に恵まれ、それに相応しい着物の柄があり、季節を取り入れた文様の着物や帯の組み合わせを楽しみましょう。

kuwata

桑田 泰彦(くわた やすひこ)

1947年 広島県福山市に生まれる
大阪市立上町中学校卒業 
大阪府立夕陽丘高等学校卒業 
同志社大学商学部卒業
1970年4月 ㈱桑田金属製作所 入社
1980年9月 代表取締役就任 
1991年 しのばずオブジェフェスティバル読売新聞奨励賞受賞

 (株)桑田金属製作所
http://www.kuwata.co.jp/9

金属レーザー加工

今回はパンダのブックエンドを出展いたします。 是非ご覧ください。

shibano

芝野 恵子

和泉陶芸会(陶邑窯)で陶芸を学ぶ
1999年 東成区に陶房を開く
2008年 大阪工芸展 大阪工芸協会奨励賞
2011年 大阪工芸展 大阪府知事賞  
    日本現代工芸美術展 初入選
2013年 大阪工芸展 日本貿易振興機構大阪本部長賞
2014年 日本現代工芸美術展 新人賞
    東大阪工芸展 奨励賞

陶 芸

「土」という素材の特性を生かした、柔らかさや暖かみのある作品を作りたいと思っています。

maeda

前田 一朗 (まえだ いちろう)

1947年 大阪市東成区大今里生まれ
1997年 酒田市土門拳文化賞奨励賞受賞
2001年 現在地(大今里3丁目)にてIPM開設
2015年1月“I.MET”個展開催
(富士フィルムサービスステーション)
2016年2月「目前象写」個展開催 写真教室、
撮影ツアー等で写真指導 三軌会本部会員・審査員・評議員・大阪支部長 日本写真協会会員
大阪(読売)YPC理事

写 真

趣味の写真は楽しく写す。作品作りには、自分の心に触れたものを、写真表現するように心がけている。

sasada

笹田 金吾(ささだ きんご)

所属団体 全日本写真連盟総本部顧問
個展開催 2009年6月キャノンギャラリー大阪にて 「美ら島への誘い」/ 2013年4月ニコンギャラリー 大阪にて「美ら島への誘い パートⅡ」ほか
審査と指導 公益や社団法人・大企業などの写真部、各県の市展オール関西写真集団代表 ほか

写 真

「祈り」をテーマに編集しています。
トルコの「イスタンブール」、インドネシアの「ウブド」と、京都東寺の「終い弘法」などで撮影しています。
国や人種、宗教は変われど 「祈り」は世界共通

umeoka

梅岡 宏史(うめおか ひろし)

1936年生まれ 大阪府立大学農学部卒業、同大学院修士課程修了(農学修士)今里にて家業の眼鏡店経営のかたわら、植物分類生態の研究、生態写真などをライフワークとして行う 
大阪城、上町台地、靱公園などの都市の生物調査に参加(植物担当)日本眼鏡技術専門学校講師

植物写真

東成区付近の公園や庭に植えられている身近なドングリのなかまを紹介します。付近には公園や自然豊かな大阪城公園もありドングリの樹もたくさんあります。これらの写真と解説を展示します。

kuryu

粟生 博(あわう ひろし)

1948年生まれ 1988年 全国公募 等迦会会員 2000年 ニューアートZERO会会員文部科学大臣賞・白日会入選他 個展・グループ展多数
現在、ニューアートZERO会審査員 
森ノ宮洋画研究会主宰

絵 画

絵をかく動機は対象から感動を得て。
あるいは制作する中でそれを一種のメッセージとして伝えようとすることではないでしょうか?

yamamoto

山本 史子(やまもと のりこ)

10代の頃より油絵に親しむ 専門学校にて油絵の他、パステル画、水彩画を学ぶ
その後、似顔絵や本の挿絵を手掛ける
1985年頃より絵画教室を開く
2017年初個展を開催

絵 画

自分の中の風景を表現することによって、絵のもつ素晴らしさを一緒に分かち合えたら、幸せに思います。

takimoto

瀧本 永子(たきもと えいこ)

学生の頃より子どもの絵画教室を主宰し、個展・グループ展を開催 今は大人の絵画教室を開き、個展に向けて準備中

絵画&イラスト

今回はウェルカムボードの
立体作品です。

yoshioka

吉岡 正樹(よしおか まさき)

「五代目桂文枝」襲名披露他舞台美術・衣装制作
シンガポール髙島屋迎賓館屏風制作 
“ART IN ASIA”出展
SWEEGUAN ART GALLERY SINGAPORE
旧世尊院(奈良)他個展多数 様々なアーティストとのコラボレーション活動
NPO法人アール・プラネート 代表理事

 《facebook》
www.facebook.com/masaki.yoshioka.7549

絵画&イラスト

最近は様々なアーティストとのコラボレーションを軸にパフォーマンスを舞台でお見せしてきましたが、今年は舞台美術として制作した作品を展示いたします。

deguchi

出口 直子(でぐち なおこ)

2004年よりヴォーグ学園刺繍資格取得コースにて刺繍の勉強を始める
2015年日本手芸普及協会刺繍師範資格取得
2017年刺繍教室「虹糸」を始める

刺 繍

自然の草花や様々な模様を刺繍で表現することで、日常にある心地良さを感じて頂けたらと思います。

tokumaru

徳丸 力(とくまる つとむ)

1946年生まれ 1987年 榎本時一面打ち同好会に入会
1993年 能面作家 中筋喜春氏に一年間師事
同年、梵彫倶楽部を主宰
1991年より個展・倶楽部作品発表展を開催

木彫能・狂言面

子供の頃、天狗の面が欲しかった。
偶然ローカル新聞で面打ち同好会を知り入会。面打ちに励む。色々な表情をお楽しみ下さい。

sasano

笠野 輝男

1941年生まれ 1960年大阪市立生野工業高校卒業
1961年日本化線(株)入社 現在に至る
工業用カラーワイヤーの他、夢ある“カラーワイヤークラフト”を提案ホビー用のカラーワイヤーは市場シェア90%を誇る

カラーワイヤークラフト

着色した軟らかい「ハリガネ」を自遊自在に用いて手づくりの楽しさ、達成感を体験していただきます。

houjo

北條 日出子(ほうじょう ひでこ)

1979年 大谷女子大学国文科卒業、国内にてステンドグラスを学ぶ 1981年 作家活動を始める
1987年 東成区に新工房「スタジオ・デコ」設立
1992年 個展開催(大阪市中之島中央公堂)
1996年 ステンドグラス・プロ養成コース開催東成区役所『ふれ愛パンジー』スペースアーティストとしての活動も行う

 Studio DECO(スタジオ・デコ)
http://studio-deco.jp

ステンドグラス

いま、クラッシック音楽とコラボした作品に取り組んでおります。時代の表現者として、色んなジャンルに挑戦していきたいです。

amino

網野 意佐子(あみの いさこ)

1962年 東成区深江生まれ
大阪樟蔭学園同窓会館にてフラワーアレンジメントを指導 ステージイベント・舞台装飾など多方面に活動

フラワーアレンジメント

四季折々の美しいお花を通して、ひとときのほっと… した気分を感じて頂ける作品作りを理想としております。

yamada atsuko

山田 厚子 (やまだ あつこ)

2010年 ロジカルシャドーボックスを学ぶ
スタジオフィール ロジカルシャドーボックス
河村浩子師事
2015年 一般財団法人 日本手工芸指導協会主催
「手工芸作品展」上野 東京都美術館入選
2017年2月 宝塚市工芸展 出展予定

ロジカルシャドーボックス

平面に描かれた絵を何枚も重ねて、
原画を忠実に再現するように心がけています。
まるで絵から飛びだしてきそな・・
そんな感覚に感じていただけるように制作しています。

takemoto

竹本 まちこ(たけもと まちこ)

名古屋の短期大学を卒業後、東京の文化服飾学院に入学 卒業後、大阪の百貨店にデザイナーとして入社
結婚、出産を経て、百貨店を退社後 「パッチワーク工房 まちこ」を設立 パッチワークをはじめたきっかけは我が子に手さげ袋や 靴入れバッグなどを作ってあげたいという強い気持ちから
また、自分自身の子供の頃から、母親が洋服やバッグを手づくりしてくれ、そばに布があり、子供の頃から布が大好きだったことも影響している
ー手作り教室&手作りカバンの材料等も販売ー

 「パッチワーク工房 まちこ」
http://pwmachiko.cart.fc2.com/userpage?id=91312

パッチワーク

ちくちく、ちくちく、 嫌なこと、どこかに飛んでいきます。仕上げる喜び、今も学んでいます。 全国色々な所に出展しています!

kakutani kayo

角谷 佳代(かくたに かよ)

2008年 熊本県伝統工芸館の
「肥後象がん」講座に入講
2009年 伝統工芸日本金工展 初出品入選
西部伝統工芸展 初出品入選
2010・11年 熊本県美展 連続入賞
2013年 第60回日本伝統工芸展 初出品入選
2014年 第43回伝統工芸日本金工展 新人賞受賞
2015年 大阪へ転居し、プロとして活動を始める
2016年 第45回日本伝統工芸近畿展 入選
2017年 第64回日本伝統工芸展 入選

肥後象眼

鉄にタガネで縦・横・斜めに細かく刻みを入れ、金箔より遥かに厚い純金・純銀の板や髪の毛ほどの線を埋め込み模様を描いています。深い黒と金銀の輝きの対比をお楽しみください。

トップボタン